2013年7月26日金曜日

LINEとチャットワークを華麗に使い分ける方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


近年様々なコミュニケーションツールが世に出てきて、どれをどう使い分けたらいいか分からないという方も少なくないかと思います。

そこで今回は大人気アプリLINEとチャットワークの使い分けポイントをご紹介します
※あくまでChatWork社としての見解で、LINEの位置付けを決めつけるものではありません。



チャットワークとLINEの共通点



LINEとチャットワークの共通点は、なんといっても「チャットによるシンプルで気軽なコミュニケーションができる」ということでしょう

LINEはその気軽さ、便利さから携帯メールに代わる連絡手段になりつつあります。
そしてチャットワークは、ビジネスシーンでのメールの代替手段になることを目指しています。

複数人でコミュニケーションができる「グループチャット」も両者に共通して付いている便利な機能です。

LINEもチャットワークもメールよりも手軽で便利に使えることが、支持される理由だと推測されます

社内メールという概念の無い会社「株式会社nanapi」の事例



LINEとチャットワークの相違点




プライベート用かビジネス用か
LINEの主な利用シーンは、友達同士や家族間でのやりとりです。
「明日遊びに行こう」「今日は帰りが遅くなるかも」など、日常のコミュニケーションで利用されることが多いツールです。
スタンプなどの会話を盛り上げる機能やゲームアプリも人気ですね

対してチャットワークはビジネスシーンで使われることを想定して作られています。
「タスク機能」は仕事を進める上で欠かせない機能で、やるべき仕事ことを管理し、やり忘れや漏れを防ぐことができます。

また、ビジネスで使うにあたって重要なのはセキュリティです。
チャットワークのセキュリティページで説明しているとおり、強固で安全性の高いシステムの構築、ISMS認証の取得を通じ、セキュリティに力を入れていることはもちろんですが「ユーザー管理機能」が備えられていることも特徴です

ユーザー管理機能を使えば会社の管理者が社員のアカウントを追加・削除することができ、誰かが退職した際には速やかにアカウントを削除するなど、情報漏えいを防ぐことができます。
※ユーザー管理機能はビジネスプランに備えられている機能です。


リアルタイムコミュニケーションか、非同期コミュニケーションか
LINEには「既読通知機能」があり、相手が自分のメッセージを読んだかどうかを判断することができます。リアルタイムにやりとりする事が多いLINEにおいては、このような機能はとても便利です

対してチャットワークは既読通知機能をあえて付けていません。ビジネスシーンにおいては、常にメッセージの既読状態を相手に知られるということが、必ずしもプラスに働くとは限らないと考えているからです。

上司や取引先に、自分がメッセージを読んだかどうかが常に伝わってしまうと、プレッシャーやストレスを生む原因となってしまうことにもなりかねません。

既読だというのがバレなくないから、なかなかメッセージを開くことができないという風になってしまうと、逆にメールを使うより生産性が落ちてしまいます

チャットワークはいわば掲示板のようなもので、リアルタイムでのやりとりをするのではなく、自分の空き時間を利用してメッセージのチェックをするという使い方を推奨しています。

本当に緊急で連絡をしたい場合は携帯に電話するなど、一つのツールに頼るのではなく「コミュニケーションツールの使い分け」が大事だと私達は考えています



華麗に使い分けるポイント





基本的にはプライベートはLINEで、仕事ではチャットワークでやりとりするというのがシンプルに使い分けるポイントですが、もう少し深く踏み込むとチャットワークが力を発揮するのは「中長期的な目的が存在する場合」です

例えばビジネスシーンにおいては、複数のメンバーが一緒にプロジェクトの目的を達成するために動いていきます。プライベートなことであっても、結婚式の2次会や勉強会などのイベント開催は、複数人で一つの目的に向けて動くのでこれに当てはまります。

中長期的な目的が存在する場合、そこにはやるべきタスクが生まれ、管理する必要があります。そのような時にこそ、チャットワークを使うメリットが生まれます

700人の学生イベントを成功に導いた事例

そのような場合を除けば、LINEを使う方が便利であることも多いでしょう。 なんといってもLINEを使っている人は世界中で2億人以上!圧倒的な知名度を誇り、スムーズにコミュニケーションを開始できます。

ちなみにChatWork社員もLINEを使っています。友人とのコミュニケーションはもちろん、社員同士であっても仕事中以外はLINEでやりとりする事もよくあります。


どちらが良い、悪いというのではなく要は目的に応じて使い分けすることが大事なのだと考えています。
この記事がツールの使い分けに悩む方のご参考になれば幸いです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャットワークご存知ですか?

チャットワークは、業務の効率化と会社の成長を目的とした、メール・電話・会議に代わるコミュニケーションツールです。

このブログでは、チャットワークの便利な使い方から、お得なキャンペーンやイベントまで、旬の情報を発信しています。

ChatWorkを試してみる