2013年10月16日水曜日

あなたも聖徳太子を超えられる!複数案件を同時に漏れ無く進める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


現代のビジネスパーソンはものすごく忙しい!
出社したら大量のメールに目を通し、その合間に電話をしたり、会議をしたりと、とにかく様々な人と膨大な量の情報のやりとりをする必要があります

そんなワークスタイルを送っている方は、「自分が何人もいればいいのになぁ」「聖徳太子のように一度に複数の人と会話ができればなぁ」と一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

実はチャットワークを使えば、複数の案件を同時進行で漏れ無く、そして快適に進行させることができるんです!





チャットワークのグループチャットはいわば「インターネット上にある会議室」のようなものです。

通常の会議とグループチャットでは次のような違いがあります。

通常の会議
  • 会議室など、特定の場所に集まらないとコミュニケーションできない
  • 午後◯時など、特定の時間に集まらないとコミュニケーションできない
  • 会議が終わるまでは他の仕事ができない

グループチャット
  • インターネットにつながれば、どこにいてもコミュニケーションできる
  • 自分の好きなタイミングでコミュニケーションができる
  • グループチャットを切り替えながら同時に複数案件を進めることができる

つまり、時間や場所に拘束されず、効率的に仕事を進めることができるのです。


そして、いつでもどこからでもコミュニケーションができるということは、このような働き方も可能になります。

東京から熊本のお客様をコンサルティング!株式会社船井総合研究所の導入事例
アメリカ-日本間の16時間の時差を飛び越えてマネジメント!btrax様の導入事例
アメリカ・シンガポール・インド間でのやりとりでも取りこぼしゼロ!Diixi様の導入事例


さらには、プロジェクトの進行スピードが上がり、扱える案件の数が増えることで売上アップにつながります。

こなせるプロジェクト数が12倍に!中央会系株式会社様の導入事例
案件の進行スピードが2倍に!旅キャピタル様の導入事例
受注キャパが4倍に!株式会社ミライロ様の導入事例

もちろん全てのやりとりをグループチャットだけでやり取りするのは無理があります。時には面と向かってしっかり話し合うことも大事でしょう。

重要なのは、わざわざ会ったり電話しなくてもすむような事はできるかぎりチャットですませ、効率化できた分を直接会って話さないといけない事案に割り当てるというように、「コミュニケーションツールの使い分け」をするということです。


チャットワークをうまく活用して、快適に働けて売上も上がる、そんなワークスタイルを実現してみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャットワークご存知ですか?

チャットワークは、業務の効率化と会社の成長を目的とした、メール・電話・会議に代わるコミュニケーションツールです。

このブログでは、チャットワークの便利な使い方から、お得なキャンペーンやイベントまで、旬の情報を発信しています。

ChatWorkを試してみる