2015年8月19日水曜日

トークイベント「“世界”に挑む会社の、一歩先いく”働き方”」に参加しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


いつもチャットワークをご利用いただき、ありがとうございます

去る15年7月26日、大阪にてトークイベント「世界に挑む会社の、一歩先いく”働き方”」が開催されました。

ゲストは、物流業界の風雲児 株式会社PAL代表 辻有吾氏とシリコンバレーから一時帰国した弊社代表の山本。
インタビュアーは、「企業で女性を活かす」ことに特化した人材教育研修・コンサルティング会社、ナチュラルリンク代表 高野美菜子氏。

「働き方」×「女性活躍」をテーマに、大阪若手ベンチャー社長3名が、なかなか外では聞けないオフレコの話を含め、2時間のぶった切りトークが繰り広げられ、大反響の中、幕を閉じました


アメリカは成果主義の国、全ては自己責任


※全文はナチュラルリンク様のサイトに掲載されています。
ChatWork CEO山本敏行氏 帰国につき《無料トークイベント》特別開催!! 世界”に挑む会社の、一歩先いく“働き方”

前半は、「ここがヘンだよ日本人、ここがスゴイよ日本人」と題し、世界から見た日本についてのトークを展開。

・日本と世界の違いってどんなところ?
・日本の常識は世界の非常識?
・世界の舞台で戦うためのマネジメントとは?
・日本人の賢さが日本の発展を遅らせている

など、それぞれの体験から語り……

「海外と日本の違いを理解し、日本人の苦手なところは素直に認めてアメリカが得意なところと日本が得意なところのハイブリッドでやる。日本は、グローバルを知ったリーダーが増えた時、めちゃくちゃ強くなる!って思います」

日本国内マーケットが縮小し、グローバル化を余儀なくされている。今こそがチャンスの時代だと山本からコメントさせていただきました

「働き方×女性活躍×IT」のキーワードは“フェア”


後半は、「働き方×女性活躍×IT」についてのディスカッション。
日本の会社が働き方を変えないといけないという時代になってきているという高野氏からの指摘を皮切りに、日本とアメリカの「働き方」事情の違いなどをトークしました。

・アメリカでの雇用はそもそも「女性」に限定することがNG?
・出産2週間前まで働き、産後2ヶ月で復帰がアメリカの普通
・女性活躍をするための土壌が、日本が一番ハード
・ベンチャーだからこそ実現可能な「柔軟過ぎる働き方」とは?

グローバル化が進み、国際社会で勝っていくためには、日本人もマインドを変えざるをえない状況が緊迫している。
「働き方」という観点から見ると、今後はやはりITが働き方を大きく変えていくカギになってくると指摘したのは高野氏。そこで、ITを活用したらどんな働き方が可能なのか、チャットワークなら柔軟な働き方ができる、そういった可能性にトークが広がりました

ITの得意なところは、「時間」や「距離」を飛び越えられること



チャットワークをきっかけに自社のネットワーク化の口火が切られたと語るのは辻氏。
お互い違う場所にいる人たちが、チーム別にコミュニケーション取れる環境をどうやって作っていくか、チャットでメッセージのやりとりを通して、場所にとらわれない働き方が生まれることに、大きな希望を抱いたとのことでした

時間と場所にとらわれない働き方が実現できれば、育児をしながら仕事をしていくという女性にとっても社会進出が容易に。

使える環境はとことん使う、そのためにも企業の柔軟性はこれから重要。
ITを使って柔軟な働き方に変えていくことで、いろんな人が働き続けられる会社が生まれていきます。

今回のトークイベントでは、ますますグローバル化する現状を背景に、チャットワークを使った、一歩先いく“働き方”を参加者のみなさんにもしっかりと感じとっていただけたのではないかと思います

この記事が皆様の、チャットワークのさらなる使いこなしやビジネスプラン導入のきっかけになれば幸いです

チャットワークを活用して業務効率が上がり売上を伸ばしている企業導入事例
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャットワークご存知ですか?

チャットワークは、業務の効率化と会社の成長を目的とした、メール・電話・会議に代わるコミュニケーションツールです。
チャットワークを試してみる

導入効果・活用事例などがわかるチャットワーク製品資料配布中!

チャットワーク製品資料配布中!