2016年11月9日水曜日

チャットワークエバンジェリスト対談 vol.4:中川 亜紀子さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ChatWorkは「世界の働き方を変える。」をミッションに、「チャットワークエバンジェリスト」と一緒に日々チャットワークの普及活動に励んでいます。
「チャットワークエバンジェリスト対談」では、働き方エバンジェリストの河野が、「チャットワークエバンジェリスト」の方に、チャットワークとの出会いやエバンジェリストならではの活用方法、導入浸透のコツなどを伺っていきます。



グッドマネジメント総合研究所 CCO(Chief Communication Officer)営業部【未来をつなぐ部】中川 亜紀子さん


第4回目は、チャットワーカー歴3年のグッドマネジメント総合研究所 CCO(Chief Communication Officer)営業部【未来をつなぐ部】中川 亜紀子さんを紹介します。


Q:お仕事内容を教えてください。

グッドマネジメント総合研究所は、2016年10月にChatWork Academy株式会社から名称が変わり、これまでグループ会社だったChatWorkから独立して、人財育成コンサルティング、研修企画・開発・実施企業として再出発しました。
私自身は、CCO(Chief Communication Officer)として営業部【未来をつなぐ部】に所属し、たくさんの方々との繋がりを大切に、リアルなコミュニケーションやチャットワークでのコミュニケーションを通して日々新たな価値の提供を目指しています。



Q:チャットワークとの出会いのきっかけは何でしたか。

約3年前、前職で初めてチャットワークを知り、様々なプロジェクトで関連企業様とのやり取りに使っていました。その頃はまさかChatWorkのグループ会社に入社するとは、夢にも思いませんでした(笑)



Q:チャットワークをどういうシーンで利用することが多いですか。

ビジネスシーンで使うコミュニケーションツールとしては、社内外問わずほぼ全てにチャットワークを利用しています。弊社の前身であるChatWork AcademyはIT活用コンサルティングを主軸としていて、そのころから関わる全てのお客様とはグループチャットでコミュニケーションを取ることを基本としています。



Q, 社内の運用ルールはありますか?

細かなルールや心得は沢山あるのですが、基本的には「リアルコミュニケーション」と同じように、あたたかいコミュニケーションを取るということが弊社のポリシーです。
例えば、無視しないとか、親切にするとか、対面時と同じようにITツール上でも当たり前のことを当たり前に実行する、ということです。



Q: 導入浸透のコツはありますか。

登録をされた直後は頻繁にメッセージなどのやり取りをして操作に慣れていただくことだと思います。私たちはチームでチャットワークを通して情報共有しながらコミュニケーションを大切にしているので、登録いただいた方ともチャットワーク操作練習用のグループチャットを作成しています。そのグループチャットで操作練習や質問などをしてもらうことで、活用浸透がスムーズになります。



Q:これだけは負けない自慢のチャットワーク活用方法を教えてください。

「写真共有チャット」です!
弊社は様々な働き方をしているメンバーや、拠点が離れているメンバーがいます。話題ごとのグループチャットで情報共有を密に行うことと同様に、リアル体験の共有ができる組織風土を大切にしています。



「●●セミナーに登壇しました + 写真」
「●●様よりお祝いのお花をいただきました + 写真」
「お土産買ってきました! + 写真」

など、絵日記のように体験を写真とともにシェアします。
こうすることで、離れていてもプチ疑似体験ができ、空気感・臨場感を共有することで、意思疎通の向上や情報共有の活性化に活かしています。



Q:チャットワークと併用しているクラウドツールはありますか。その活用方法も教えてください。

◼︎ GoogleApps
→主な業務ツールとして活用しています。

各種表計算やリスト作りにスプレッドシートを、APIを介してチャットワークへの自動配信を行うためにGoogleスクリプトを、文章構成にドキュメントを、各種お申込みやアンケートにフォームを、そして社内研修サイトをGoogleサイトで構築しています。

◼︎ Sansan
→名刺管理の他、CRMやメール配信ツールとして活用しています。

◼︎ Cu-hacker
→Googleカレンダーと連動している日程調整ツールなので、複数の日程を提案するときに活用しています。



Q:チャットワークと連携して欲しいクラウドツールはありますか?

Googleスクリプトを介した自動通知など、十分に活用させていただいています!



Q:中川さんにとって、チャットワークとは。

リアルコミュニケーションの助っ人ツールです!
遠隔のメッセージでも、目の前でコミュニケーションをはかるような感覚で会話が出来るシーンも多くあります。これからもたくさんの方々と繋がり、活用させていただきたいと思っています。



Q:最後に、中川さんがこれからチャレンジしたい事はありますか。

書籍を出版してみたいです!
現在「チャットマナー研修」(チャットワークを使って顧客対応をしている企業様向け研修)をさせていただいているのですが、「お客様との距離が近くなった気がする」「返信がなかなか来なかった方とスムーズにやり取りができるようになってきた」など嬉しいお声をいただいています。
ぜひ、あたたかいチャット活用のコツを書籍にしてお届けできればと考えています。

左:株式会社グッドマネジメント総合研究所 代表取締役 加藤 利彦氏   中央:中川 亜紀子氏   右:世話人 杉浦 佳浩氏 

中川さんとのチャットは、まるで対面で話しているかのような気持ちになり自然と会話が弾みます。エモーティコンも上手く取り入れていて、久しぶりに会っても久しぶりな感じが全くしないのです。そのノウハウを「チャットマナー研修」で伝授してくれるとのこと。ビジネスチャットをお使いの方は必聴です!中川さん、ありがとうございました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャットワークご存知ですか?

チャットワークは、業務の効率化と会社の成長を目的とした、メール・電話・会議に代わるコミュニケーションツールです。
チャットワークを試してみる

導入効果・活用事例などがわかるチャットワーク製品資料配布中!

チャットワーク製品資料配布中!