2016年12月14日水曜日

チャットワークエバンジェリスト対談 vol.5:神徳 あやさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ChatWorkは「世界の働き方を変える。」をミッションに、「チャットワークエバンジェリスト」と一緒に日々チャットワークの普及活動に励んでいます。
「チャットワークエバンジェリスト対談」では、働き方エバンジェリストの河野が、「チャットワークエバンジェリスト」の方に、チャットワークとの出会いやエバンジェリストならではの活用方法、導入浸透のコツなどを伺っていきます。



株式会社船井総合研究所 神徳 あやさん


第5回目は、チャットワーカー歴約5年!株式会社船井総合研究所の神徳あやさんを紹介します。


Q:お仕事内容を教えてください。

法律事務所の経営コンサルティングをしています。





Q:チャットワークとの出会いのきっかけは何でしたか。

EC studio時代に会社を訪問させていただき、その後に「チャットワークというチャットシステムを作ったので、使ってね!」というメールを頂き、使い始めました。タスク管理ツールを探していたので、とてもいいタイミングでした。



Q:チャットワークをどういうシーンで利用することが多いですか。

部内への連絡、お客様との連絡、外部のパートナー企業様との連絡に使っています。





Q, 社内の運用ルールはありますか?

部内運用を始めたばかりで、まだルールがカチッと決まってはいないのですが、

① グループチャットを目的ごとに分ける
② 依頼事項はタスクをふる ⇨ 見落としを避けるため
③ タスクを依頼する際に必要な資料はその資料を引用してタスクをふる ⇨ タスクに着手しやすくするため
④ 返信ボタンを使って何に対する返事なのかを明確にする
⑤ グループごとにプライベートな投稿(個人のSNSにするような投稿)をするかどうかを決める ⇨ 仕事以外の連絡を嫌がる人もいるため



Q: 導入浸透のコツはありますか。

複数人で使い始めることでしょうか。一人で使い始めてマイチャットしかない状態の人は、うまく活用できていない人が多いようです。
できれば最初に、うまく使っている人からどういう使い方をしているのかを一緒に使うメンバーと聞く。その後にメンバー同士で、どういう使い方をしていくかを話し合い運用を開始すると、スムーズに運用展開できるのではと思います。



Q:これだけは負けない自慢のチャットワーク活用方法を教えてください。

負けない・・なかなか難しいですね。そんな自慢するほどの活用方法ではないのですが、お客様と契約した際に、1社に対して4つのグループチャットを作っています。

① お客様と全メンバーと担当コンサルタントのグループ
② 担当コンサルタントだけのグループ
③ 外部パートナーと担当コンサルタントのグループ
④ (必要であれば)お客様の代表のみと担当コンサルタントのグループ


①は、お客様と一緒のグループでお客様とのやりとりに使っています。我々のコンサルティングにかかわるメンバーは全員入ってもらい、やり取りをしています。

②は、そのお客様を担当するコンサルンタントだけの社内のグループチャットです。担当コンサルタントも複数名いて、途中で交代する可能性もあるので、交代してもスムーズに引き継げるよう、グループチャットでやり取りしています。

③は、ホームページやパンフレットなどのツールは外部のパートナー企業にお願いしているので、そのパートナー企業様とのグループチャットです。

④お客様の中には、社員にやスタッフには言えない相談や、どう社員やスタッフを巻き込んでいくかを相談したいという方もいらっしゃいますので、その際は代表のみとのグループチャットも作っています。



Q:チャットワークと併用しているクラウドツールはありますか。その活用方法も教えてください。

GoogleスプレッドシートGoogleドキュメントboxを併用しています。
ミーティングをするときに、資料をGoogleドライブやboxから探していたのでは、効率が悪いので、概要欄にURLを張り付けておき、そこからすぐに資料を見つけられるようにしています。





Q:チャットワークと連携して欲しいクラウドツールはありますか?

Gmailです。メールの文章を選択すると、チャットワークに引用でき、タスクにできると便利だなぁと思っています。



Q:神徳さんにとって、チャットワークとは。

相棒というかライフラインというか。とにかくチャットワークなしには仕事ができません。





Q:最後に、神徳さんがこれからチャレンジしたい事はありますか。

コンサルティング業界は「激務」イメージがあるのか、男性社会です。女性もいますが、入社してくる割合はやはり1割ぐらいです。入社後も「結婚したら」「子供を産んだら」とライフイベントで辞めてしまう人が多いですが、私は女性の方がアイデアや感性が高い方が多く、コンサルタントに向いていると思っているので、もっと女性が多く働く業界になって欲しいです。

そのためには、私自身が楽しく仕事をしていることかなと思っています。現在は1歳半の娘がいて、楽しく仕事を続けられています。できれば子供は2人か3人欲しいなと思っているので、2人目の妊活中です(笑)。2人目を産んだあとも仕事復帰し、再び楽しく働けるようにしたいと思います。


左:宮井 亜沙子氏 中央:斉藤 美幸氏 右:神徳 あや氏(船井総合研究所のみなさま)


リリースしてから今までずっと、チャットワークを愛用しているという神徳さん。これまで社内外問わず多くの方をチャットワークの虜にしてきてくださいました。最近では出産を経験し、新しい働き方だけでなく、女性の柔軟な働き方も提唱していらっしゃいます。神徳さんのお話からは学ばさせていただくことが沢山!次回お会いするのが楽しみです。またチャットワーク話で盛り上がりましょう!ありがとうございました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャットワークご存知ですか?

チャットワークは、業務の効率化と会社の成長を目的とした、メール・電話・会議に代わるコミュニケーションツールです。

このブログでは、チャットワークの便利な使い方から、お得なキャンペーンやイベントまで、旬の情報を発信しています。

ChatWorkを試してみる