2017年6月13日火曜日

チャットワークのアカウントを複数で使いこなす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チャットワークはさまざまなシーンで活用できるため、ユーザーによっては会社用のアカウントや副業用のアカウント、学校のPTAで使うアカウント、プライベートなやりとりをするアカウントなど、複数のアカウントを使い分けています。

今回は複数のチャットワークのアカウントを使いこなす方法を紹介します。



デスクトップ版アプリを活用する

デスクトップ版アプリを利用すれば複数アカウントで同時にログインすることが可能です。

デスクトップ版アプリをダウンロードした後、右上の「+」アイコンをクリックし、チャットワークのアカウントを登録すれば、複数のアカウントを切り替えて利用できます。



ブラウザ版で複数アカウントを使う場合

FirefoxやGoogle Chromeなど、複数のブラウザを利用することで、ブラウザごとに異なるチャットワークアカウントで同時にログインすることが可能です。

Google Chromeを利用している場合は、ユーザー管理機能シークレットモードを使用することで別ウインドウで異なるアカウントを同時に利用できます。

■ Google Chromeのユーザーを切り替える
Googleのアカウントを複数持っている人は、ユーザー管理機能を活用してChromeでユーザー登録することができます。

Google Chromeの右上のオプションアイコンをクリックして、「設定」を選択します。「ユーザー」の項目から「ユーザーを追加」をクリックすると、ポップアップが表示されるので、任意のアイコンや名前を入力して設定完了です。


Google Chromeの右上アイコンから、ユーザーを切り替えることで、ユーザー別のウィンドウが開き、異なるチャットワークアカウントで同時にログインすることができます。

■シークレットモードでログインする
Google Chromeのシークレットモードを活用する場合は、右上のオプションアイコンをクリックし、「新しいシークレット ウィンドウ」を選択します。「シークレット ウィンドウ」を選択すると、ツールバーが黒になります。


シークレット ウィンドウは閲覧履歴を残さない以外にも、SNSなどのログイン状態や拡張機能も履歴に残らないので、ログイン状態を外したい場合や、拡張機能を使わずにブラウジングしたい場合に便利です。

複数のアカウントを使う方法はいくつかあります。自分の使いやすい方法を見つけて、ぜひチャットワークを使いこなしてくださいね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャットワークご存知ですか?

チャットワークは、業務の効率化と会社の成長を目的とした、メール・電話・会議に代わるコミュニケーションツールです。
チャットワークを試してみる

導入効果・活用事例などがわかるチャットワーク製品資料配布中!

チャットワーク製品資料配布中!