2017年9月1日金曜日

京丹後市テレワーク体験記(後編): 農業と兼業はできるのか!?「デュアルワーク」を実現するためのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ChatWorkは8月上旬に京都府京丹後市で2泊3日のテレワーク合宿を体験しました。
ブログ前編では”京丹後市の地域紹介”をしましたが、後編では京丹後市が推奨している農業と兼業するデュアルワークについて紹介します。



「デュアルワーク」とは?


聞いたことがあるようでないような言葉、「デュアルワーク」。
「マルチワーク」とも同義で使われることのあるデュアルワークですが、
端的に説明すると

  • 1つの仕事に従事するだけでなく、同時に複数の業務を兼務した働き方

を指す言葉として使われます。

収入を伴わない活動を含む場合に使われることもありますが、要は複数の仕事を兼業した働き方、ということです。

デュアルワークを実現させるために大事なこと


そもそもなぜ農業ととのデュアルワークなの?というところですが、京丹後市がお試しサテライトオフィス事業の一環で、主幹産業である農業を軸としたデュアルワークモデルを創出するためのプランを展開していたからです。このプランを作った背景には、主幹産業の就労人口の減少をなんとかしたい、農業の繁忙期の人手不足が深刻、などといった事情もあるそうです。今回は京丹後市での農業体験を踏まえて、農業とそれ以外の仕事をどうしたらデュアルワークとして実現できるかを考えたいと思います。

①仕事で関わる人や家族の理解を得る


これは最初にして最大の難関と言ってもいいかもしれません。いざデュアルワークを始めようとしても、まだまだ兼業を認めていない、認められない企業や組織が多いのも事実です。その背景には、兼業する社員のための就業規則が整えられていなかったり、これまで本業一筋で働いてきた人々の仕事に対する固定的な意識の変革が追いついていないことなどが挙げられます。

2つの仕事を両立させるためには、まずは自分が属している企業や組織にデュアルワークに取り組んでいます、取り組みたいと考えています!ということを伝えて理解を得ることが必要です。農業を通じて収穫できた野菜や果物を仕事で関わる人におすそ分けをしてあげるなど、ちょっとした心配りで理解がだいぶ変わるかもしれないですね。

また、家庭を持つ人は家族からの理解を得ることも必要です。農業との兼業は、収入面や生活環境面が大きく変わることもあるでしょう。農業に至っては、家族の理解や協力なしにはできません。デュアルワークを始める場合は、家族との話し合いもしっかり持つことが大事だと思いました。

②行政からのサポートを徹底的に調べて利用する

京丹後市からの話を伺い、農業とそれ以外の仕事を両立させるためには行政からのサポートも活用していかないと難しいと感じました。金銭的な支援もさることながら、例えば個人で取り組める範囲を超えた大規模な農業に取り組む場合など、行政側も農業として収益が上がるような支援と仕組みを用意しています。

例えば京丹後市は

  • 農業従事希望者と受け入れ先のマッチング
  • 農業の知識を学ぶためのカリキュラムの提供

などのサポートも検討しているそうです。

実際に行政側は、デュアルワークを浸透させるために何が障害になっているかを積極的にヒアリングしたり、支援するための仕組みづくりを始めており、デュアルワークに取り組みやすい環境の整備を推し進めているとのことでした。行政が提供している支援や制度を積極的に利用することが、デュアルワーク成功の鍵となるのは間違いありません。

京丹後市に滞在中、ブルーベリーの農業体験をしました。

③農業と相性のいい仕事を選ぶ

鶏が先か、卵が先かという議論になってしまうかもしれませんが、農業と相性のいい仕事を選ぶこともデュアルワークを成功させるために重要だと思いました。

例えば

  • フリーランス
  • 在宅ワーク

で働いている場合には、農業とのデュアルワークは他の職種や勤務形態と比較して始めやすい環境にあるかもしれません。農業に携わる場所と時間帯は融通がきかないため、それ以外の部分で柔軟な勤務形態がとれる仕事は農業と相性がいいです。

そういう意味でもチャットワークはデュアルワークを実現するための強力なツールになることは間違いありませんね!

京丹後市は数分車を走らせると目の前いっぱいに農地と山が広がっており、農業に取り組みやすい環境です。

まとめ



今回お世話になった京丹後市では、デュアルワークを推進するためにさまざまな取り組みを考えています。「デュアルワーク」という考え方はまだ広く浸透していませんが、デュアルワーク体験を通じて、農業とのデュアルワークを実現させる環境を築くにはいくつか突破しなければならないポイントがあるということが分かりました。

また、農業に携わることで

  • 兼業することで気分転換や息抜きが出来て、生産性アップ!
  • 農業からの収益で、金銭的な安心度アップ!
  • きれいな空気と美味しい食べ物で、健康度アップ!

など、都会の仕事だけでは得られないメリットもたくさんあると感じました。

デュアルワークに興味がある人は、農業とのデュアルワークも検討してみてはいかがでしょうか。その時にこの記事が参考になれば幸いです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャットワークご存知ですか?

チャットワークは、業務の効率化と会社の成長を目的とした、メール・電話・会議に代わるコミュニケーションツールです。
チャットワークを試してみる

導入効果・活用事例などがわかるチャットワーク製品資料配布中!

チャットワーク製品資料配布中!