2017年12月20日水曜日

チャット一覧のUIをアップデート!自分宛てのメッセージがあるチャットがわかりやすくなりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ChatWorkは本日、チャットのフィルタに「Toがあるチャット」を追加しました。

先日リリースしたチャット一覧の新UIに関して、多くのフィードバックをいただきありがとうございます。

今回おこなったアップデートは、ユーザーからのフィードバックをもとに「Toがあるチャット」で自分宛てのメッセージがあるチャットを絞りこめる機能を追加しました。新UIのリリース以前はできていた絞り込みの機能を新UIのバージョンでは削除し、そして今回新たに「Toがあるチャット」のフィルタを追加することになった経緯を説明します。



チャット一覧の並びについて


新UIになる以前のチャット一覧の並びは、下記のような順番でリストが自動で並ぶようになっていました。



そのため、自分宛てのメッセージがある未読チャットが、リストの中で埋もれてしまうことがあり、それを解決するために自分宛てのメッセージがあるチャットだけを絞り込む機能が実装されていました。

新UIにアップデート後のチャットの順番は下記のようになりました。



この並びの場合、自分宛てのメッセージがあるチャットはチャット一覧の上部に自動であがってくるので、自然とフィルタされているのと同様の状態になり、自分宛てのメッセージがあるチャットが見つけやすくなります。

また新UIになる以前のバージョンでのフィルタの使用率を見ると、「未読のあるチャット」のフィルタの使用率に対し、「Toがあるチャット」のフィルタの使用率は1/4程度でした。そのため、新UIを開発する際に、「すべてのチャット」、「未読のあるチャット」でも自分宛てのメッセージがあるチャットをリスト上部に表示させるようにすれば、「Toがあるチャット」のフィルタの必要性は低いと考えました。ChatWorkは検討の末に、今回のUI変更の目的でもあった「シンプルにすること」を優先してフィルタ機能を削除し、新UIをリリースするにいたりました。

フィードバックを元に「Toがあるチャット」を追加


新UIのリリース後はさまざまなユーザーからの反応があり、その中でも新UIのリリース時に削除した「Toがあるチャット」のフィルタが無くなったことに対し、多くのフィードバックが寄せられました。

新UIのリリース当初に想定していた自分宛てのメッセージがあるチャットを見つけやすく表示させるのとは違う、下記のようなニーズがあることもユーザーからのフィードバックでわかりました。

  • 自分に関係のあるチャットを最優先に処理したい
  • 業務に集中するため、自分に直接関係のないチャットは後から確認したい

自分に関係のあるチャットのみがフィルタできず、業務に集中できないというのは、業務効率を下げてしまう可能性もあるので、今回「Toがあるチャット」として自分宛てのメッセージがあるチャットを絞りこめるフィルタを追加しました。



ChatWorkは今後も皆さまのフィードバックを参考にUI改善をおこなっていきます!
引き続きチャットワークをよろしくお願いいたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャットワークをご存知ですか?

チャットワークは、業務の効率化と会社の成長を目的とした、メール・電話・会議に代わるコミュニケーションツールです。
チャットワークを試してみる

導入効果・活用事例などがわかるチャットワーク製品資料配布中!

チャットワーク製品資料配布中!