2018年8月10日金曜日

2018年8月 リリースノート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらのブログでは、チャットワークの主なリリース情報を毎月配信していきます!
では、過去1ヶ月にリリースした情報をご覧ください。

アップデート情報


◾ 「ChatWork Live」のUIを刷新
通話相手を映す枠を全画面の拡大や、画面共有をする際により見やすくなるような改善を加えました。ぜひ、お試しくださいね!詳細はアップデート情報をご覧ください。

【変更前】



【変更後】


◾ グループチャットから退席した人のファイルが残る「ファイル保持機能」
組織に所属しているユーザーがグループチャットから退席しても、退席したユーザーがアップロードしたファイルが保持できるようになります。

「ファイル保持機能」により、部署の異動や退職などの理由によってグループチャットから退席したり、アカウントを削除したりしても、ファイルが消失することがなくなりました。詳細はアップデート情報をご覧ください。
※「ファイル保持機能」はビジネスプランとエンタープライズプラン向けの提供となります。


◾ Windowsデスクトップ版アプリでの未読バッジ表示を実装
Windowsでデスクトップ版アプリを利用する際に、ショートカットに未読バッジが表
示されるようになりました。これにより、チャットワークを閉じていてもメッセージが来たことに気づけるようになります。



◾ エンタープライズプランの多言語対応
エンタープライズプランの多言語対応をおこない、管理画面を英語・繁体字・ベトナム語で利用できるようになりました。
※ 海外からエンタープライズプランのお申し込みはできません。


◾ フリープランの利用制限を一部変更
2018年7月18日よりフリープランの利用制限を「最大14個のグループチャット参加」から「累計14個のグループチャット参加」に変更しました。

変更後も、最大14個のグループチャットへ参加できることは変わりませんが、複数のグループチャットへの参加・退席を、無制限に繰り返すことができなくなります。詳細はフリープランの内容変更をご覧ください。


API


◾ OAuth2 offline_accessスコープ対応
チャットワークと連携するBOTを作りやすくするスコープに対応しました!リソースオーナーがOAuth2クライアント上で不在の状態をofflineといいます。offline_accessとは、リソースオーナー(チャットワークユーザー)のoffline時でも、クライアントがチャットワークAPIにアクセスできるスコープです。ChatWorkのエンジニアとデザイナーのブログ「ChatWork Creator's Note」にて詳しく記事にしていますのでぜひ、ご覧ください。 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャットワークご存知ですか?

チャットワークは、業務の効率化と会社の成長を目的とした、メール・電話・会議に代わるコミュニケーションツールです。
チャットワークを試してみる

導入効果・活用事例などがわかるチャットワーク製品資料配布中!

チャットワーク製品資料配布中!