2019年12月17日火曜日

出張で考える!業務効率化とコスト削減の両立とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業にとって永遠の課題である、業務効率化とコスト削減の両立。

業務の流れを変えて効率化を図ったつもりが特定の社員に負荷がかかってしまったり、コスト削減といって必要な経費を削ってしまい社員のモチベーションや生産性が下がってしまったり。どの企業でも両立には苦心しているようです。

今回は「出張」を例に業務効率化とコスト削減の両立について考えてみましょう。


出張には多くのコストが発生する


遠方の顧客との面会や他拠点のメンバーとの打ち合わせなど、出張の理由や種類もさまざまですが、発生するコストはそれ相当の金額になります。

●交通費:
交通費については、移動する距離や利用する交通機関によって異なります。

 例1)東京⇄ 大阪の場合:新幹線での移動で往復¥30,000前後
 例2)東京⇄札幌の場合:飛行機での移動で往復¥20,000〜¥50,000

※飛行機の場合は利用する航空会社や予約時期によって変動します

●宿泊費:
平均支給額(全地域一律の場合)は、部長クラスで9,870円、一般社員で8,723円
(産学総合研究所リサーチによる[1])

●出張手当:
日帰り出張の場合、平均支給額(距離・時間・地域区分がない場合)は部長クラスで2,491円,一般社員で1,954円。
宿泊出張の場合は部長クラスで2,809円、一般社員で2,222円。
(産学総合研究所リサーチによる[2])

上記以外に、出張に赴く社員が本来業務にあてることができたはずの時間も考えると、たとえ1回の出張であってもそれ相応のコストになることは、イメージしやすいかと思います。

長期的に見ると隠れたコストも


出張は多くの場合、特定の職種や役職の社員に集中しがちです。

また、出張時は日常とは生活のリズムが異なるため、アンバランスな食事や運動不足、睡眠不足になりがちな上に、本来の業務にプラスアルファの業務が増えるため、疲労もたまりやすくなります。

疲労がたまり続けると、当然業務パフォーマンスにも影響を与えるため、長期的に見ると隠れたコストといえます。


出張コストは工夫次第で削減可能!


こう見ると、「つくづく出張ってコスパ悪いな」って思いませんか?

そう、その通り!

はっきりいって、ただ誰かと面会するだけが目的の出張は、もはや時代遅れ。

ここまでテクノロジーが発達した時代、場所や時間にとらわれず、パーソナルかつ円滑なコミュニケーションを実現できる手段はあまた存在します。

その中でも、Chatworkはコミュニケーションをスムーズにし、業務効率化をもたらすツールの1つ。

  • 直感的で使い勝手の良いUI
  • 無料で利用できるビデオや音声通話
  • 複数人で利用できる上に過去の履歴が見やすいグループチャット
  • ToDoを漏らさず対応できるタスク管理機能
  • 容量制限なしのファイル送受信

Chatworkの優れた特長を活用すれば、遠隔にいる人とのやりとりもスムーズな上に、コミュニケーションが活発化して意思決定もスピードアップ、結果として業務も効率化!

あなたの会社でも無駄なコスト削減と業務効率化を図りませんか?

ぜひ、お気軽にご相談ください。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[1] 産労総合研究所「2017年度 国内・海外出張旅費に関する調査」 

[2] 産労総合研究所「2017年度 国内・海外出張旅費に関する調査」 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Chatworkをご存知ですか?

Chatworkは、業務の効率化と会社の成長を目的とした、メール・電話・会議に代わるコミュニケーションツールです。
Chatworkを試してみる

導入効果・活用事例などがわかるChatwork製品資料配布中!

Chatwork製品資料配布中!