2013年3月8日金曜日

チャットワークに登録したら最初にすべき10のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「チャットワークに登録してみたものの、最初に何をやったらいいか分からない」
「友達にチャットワークを紹介したけど、設定の方法を教えるのが面倒」

という皆様、お待たせしました!

チャットワークに登録したらこれだけは最初に設定していただきたい10のポイント
をまとめました。ぜひ設定をお願いします

1.チャットワークIDを設定する
画面右上の名前の部分をクリックし、「プロフィール」を選択します。


チャットワークIDの部分にお好きなIDを入力して保存します。



チャットワークIDを設定しておけば、
https://www.chatwork.com/チャットワークID
というURLを相手に伝えることで、簡単にコンタクトをつなげることが可能になります。
(承認はする必要があります)



2.プロフィール画像を設定する
プロフィール画面の「画像」からプロフィール画像を選択します。




画像はパソコンからアップロードする他、TwitterやFacebookの画像を流用することも可能です。
プロフィール画像を設定しておくことで、誰の発言なのかが分かりやすくなります。


3.Enterキー動作を選択する
画面右上のメニューから「動作設定」を選択します。



・Enterキーで改行、Shift + Enterキーでメッセージ送信
・Enterキーでメッセージ送信、Shift + Enterキーで改行
のどちらかを選択します。




どちらか使い慣れている方をご選択ください


4.デスクトップ通知の設定をする
動作設定内の「デスクトップ通知」の項目にチェックを入れます



これでチャットがあった時に、すぐに気づくことができるようになります。

Google Chromeもしくは、Mac Mountain LionのSafari6でのみ有効な機能です。


5.通知音の設定をする
動作設定内の「通知音」の項目にチェックを入れます。



サウンドの種類や、ボリュームはご自由に設定してください。
おすすめのサウンドは「Kiai」です

6.未読メール通知の設定をする
動作設定内の「一定時間見ていない未読チャットをメールで通知する」の中からご希望の間隔を選択します。



これでチャットの見逃しもなくなりますね!

7.Facebook友達追加設定をする
動作設定の「外部サービス」から、Facebookの「友達追加設定」を選択します。
サービスの認証画面が表示されたら、メールアドレス・パスワードをご記入ください。




Facebookの友達もこの設定を有効にしていると、チャットワーク上で自動でコンタクトがつながります。
わざわざコンタクト承認依頼を送る必要もなくなるので便利ですね


8.ChatWorkを使っている友達を検索する
画面左上の「追加」から「コンタクトを追加」を選択します。




Facebook、Twitterなどのボタンをクリックして、友達を検索します。



検索結果からコンタクト承認依頼をしたい方を選び「承認依頼を行う」をクリックします。



これで、FacebookやTwitterを使っている友人とチャットワーク上でも
つながることができます。


9.Facebookの友達をチャットワークに招待する
「コンタクトを追加」内の、「Facebookから友達を招待する」をクリックします。




招待メッセージを送りたい相手を選択し、「リクエストを送信」をクリックします。



これで、チャットワークを使っていないFacebookのお友達に招待を送ることができました。 招待を受け取った方がチャットワークに登録すると、自動でコンタクトにつながります。

10.スマホアプリをダウンロードする
外出先でもチャットワークを活用するために、iPhone/iPadアプリ、Androidアプリのダウンロードをお願いします。

チャットワーク - iPhone/iPad版
チャットワーク Andoroid版



これでチャットワークを存分に活用する準備が整いました。
さぁ、ここからコラボレーションの開始です。

コミュニケーションをシンプルに、そして快適なワークスタイルをお楽しみください!


※その他の設定、使い方についてはチャットワークマニュアルをご参照ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャットワークご存知ですか?

チャットワークは、業務の効率化と会社の成長を目的とした、メール・電話・会議に代わるコミュニケーションツールです。

このブログでは、チャットワークの便利な使い方から、お得なキャンペーンやイベントまで、旬の情報を発信しています。

ChatWorkを試してみる