2020年2月21日金曜日

「RE」アイコンの隣に「返信元」ボタンを設置し、メッセージをたどりやすくしました!


PC版Chatworkでタイムライン上での返信メッセージに、「RE」アイコンの隣に「返信元」ボタンを設置し、メッセージをたどりやすくしました。

もともと、返信を表す「RE」のアイコンが返信元をたどるための機能を兼ねていました。しかし、これまで「ボタンだということがわかりづらい」や、「知る人ぞ知る機能となっていて、知らない人に都度説明しなければならない」という声がありました。

今回、「返信元」ボタンを新たに設置し、視覚的にわかりやすくすることで、さらに多くの方に、「返信元」メッセージがすぐにたどれることを知ってもらいたいと考えています。


変更内容


これまで通り、「RE」アイコンをクリックしたときと同様に、「返信元」ボタンをクリックすると元のメッセージが表示され、「このメッセージへ移動」ボタンから元のメッセージへ移動することができます。


こんなときに使えます

ひとつのチャットルームで複数の会話が同時に進んでいるときに、どうしても「このメッセージは、どのやり取りに対する返信なのか」がわかりづらいときがあると思います。

そんなときに、ぜひ「返信元」ボタンを活用してみてください!

2020年2月14日金曜日

2020年1-2月 リリースノート


こちらのブログでは、Chatworkの主なリリース情報を毎月配信していきます!
今回は、過去2ヶ月にリリースした情報を振り返っていきましょう。

2020年2月13日木曜日

「To ALL」機能を使う際に、何人に通知が送られるのかを表示するようにしました


ブラウザ版Chatworkで「To ALL」機能を使う際に、何人に通知が送られるのかを表示するようにしました。
「To ALL」機能はグループチャットの参加者全員を宛先に指定してメッセージを送ることができる機能です 。(「To ALL」機能について詳しくはこちらをチェック)

リリース後、多くの方に「To ALL」機能を利用してもらっていましたが、今回「To ALL」機能の選択時に何人に通知が送られるのかを表示することにしました。

「To ALL」機能に寄せられた要望を紐解いてみると、「To ALL」機能を使うことで何が起こるのかを正しく伝えられていないことに課題があると分かったからです。

Chatworkとしては、「To ALL」機能の利用を抑制するのではなく、「To ALL」機能を利用すると何が起きるのかをユーザーに挙動を理解してもらった上で利用していただこうと考えています。

モバイル版アプリにも順次同様の機能を提供していく予定です。

今後もChatworkはより使いやすいUI(ユーザーインターフェース)を目指して、改修、改善をおこなってまいります!